ものづくりワークショップ
「アクリル端材で楽しむデジタルクラフト」
ーレーザーカッターを使った作品作りにチャレンジー


主催
  信州大学教育学部ものづくり・技術教育コース  村松研究室
              図画工作・美術教育コース  蛭田研究室
                      ISO学生委員会
共催 Geeklab.Nagano
概要
 3Dプリンタはじめ,コンピュータでおこなうものづくり(デジタルクラフト)が急速に身近になっています。そこで,アクリル板や板に切断・彫刻ができるレーザーカッターを使って,デジタルクラフトに親しんでもらう初心者向けワークショップを開催します。
 アクリル板の端材を活用し,オリジナルのストラップやコースターなど,アイデアを活かした作品作りに挑戦してみませんか。
 イラスト作成用ソフトを使ってデータを作りますが,専門的な知識は不要です。お気軽にお越しください。
日時  2月11日(水) 9:30~12:30
場所  信州大学教育学部木材加工室(13・西校舎 西側

fab_lab_kaijyo
※地図をクリックすると拡大します

参加費 無料
定員 16名  お陰様で定員となりましたので,申し込みを締め切らせていただきます
 ※小学生以下のお子さんの場合は,保護者が同伴してください。

持ち物 Windows7以上が動くノートパソコン
 ※ご準備できない場合は,申し込みフォームに貸し出し希望を記入ください。対応します。

※右記ソフトの体験版を使用します  CorelDRAW Essentials X6

申し込み方法
 こちらのフォームよりお申し込みください。定員になり次第,締め切らせていただきます

レーザーの加工はこんな感じです
1.上記ソフトを使って,作成したい作品のデザインをします。写真を入れることも可能です。
2.レーザー加工機にデータを送ります(ほとんどプリンタと一緒です)

laser1 laser2

3.完成(CDケースを賞状にしてみました)
I SO学生委員会の学生らが,市内の看板屋さんからアクリル看板作成時の端材をいただいてきました。
 端材をリサイクルして,オリジナルのコースターやストラップなどを作成してみませんか

cdsyojyo2 laser0

150203レーザ2

問い合わせ先 信州大学教育学部・村松研究室

※本イベントは,信州大学COC事業の支援を受けています。

Print Friendly, PDF & Email